人気店

4472531293_621d8c3c9f_m
大阪といえば風俗だった。少なくとも、おれの中では――。では、どの風俗店を選ぶか。最近では手コキクラブとかオナクラとかいう邪道が氾濫しているようだが、そんなものにおれの目は惑わされることはない。風俗といえば、デリヘルか、ホテヘルか、飛田新地だと決まっている。一気に選択肢は絞られた。たしかに風俗の王様は飛田新地かもしれないが、飛田はいかんせん値段が高すぎる。妖怪通りならば30分10000円という、飛田にしては破格のコースもあるらしいが、それだけ女のクオリティは落ちる。飛田に行ったのに、クオリティを下げるだなんて矛盾している。本末転倒だといっても過言ではないだろう。さて、選択肢はさらに2つに絞られた。ホテヘルか、デリヘルか、だ。おれはスマホを取り出した。最近iPhone6に機種変更したのだが、ちょっぴり後悔している。でかいのだ。後悔している理由としてはそれだけで、あとは満足している。まァ、それはさておき、風俗店を検索していると、とある人妻店がヒットした。そこは人妻デリヘル求人を出しているほどの人気店だった。求人が出ているということはそれだけ客を確保しているということで、女の数を増やしても問題はないのだと、おれは予測する。で、そこを利用した。結構よかった。

人妻デリヘルの職務

4503317862_0dd9771921
私は子供が2歳の時に離婚しました。
子供は今、大学に通うくらい大きくなり、家計を支えるためと高校の頃からバイトをし
家にお金を入れてくれるようになりました。
そのお金は息子のために変わりに貯金して、将来お金がまとまっている時渡そうと思っていました。
しかし、私だけの稼ぎでは、やはり生活くるしく切詰めてやりくりしてきましたが
会社にリストラされ、50といういい年ですが
次の仕事が見つかるまでと、風俗で働こうと思いました。
大阪の風俗求人をみていて、ジャンル的には人妻・熟女で探していました。
人妻デリヘル求人の内容が、本当かどうか不安でしたが
とりあえず働いてみることに・・・内容的には大丈夫でした。
息子にばれない様、今までと同じ時間で仕事し、今までと変わらないように過ごす。
仕事も慣れてきた頃、私は油断していたの様で息子が怪しんで
大学に行くフリをし家を出て、その後、出勤した私を尾行していたらしく働いているのがバレてしまいました。
私は泣いて謝りましたが、息子はただただ黙って家を出て行ってしまいました。
楽な道を選んだ私が悪かったのでょう。後悔ばかりです。
その後スグに仕事もやめ、息子の帰ってくる日を待つことしかできません。

極上の人妻

4497501336_d50f600d1c_m
風俗の街・大阪にやってきた。こんなことをいうと、大阪の人は怒って、おれをリンチするかもしれない。大阪は飛田新地をはじめ、たしかに風俗で有名ではあるが、風俗に負けないくらいの名物はたくさんあるはずだった。お好み焼き、たこ焼き、もんじゃ焼き……。いや、待てよ、とおれは自分で自分の思考を制した。もんじゃ焼きは違うんじゃないか? おれは自問する。そもそも、もんじゃ焼きという名前は知っているが、どんなものだったか、おれはすぐに思い出せなかった。すぐに思い出せないので、思い出すことをあきらめた。もんじゃ焼きがどんなものであろうとも、はたまた大阪の名物であろうとも、東京の名物であろうとも、どこの名物であろうとも、おれの人生には一切影響を及ぼさない。おれはすぐに思考をもんじゃ焼きから切り離した。おれは切り替えの早い男なのだ。しかし、まだ粉モンにおれの脳は未練があるらしく、そのあとすぐに明石焼きを思い出した。しかし、明石焼きを思い出したおれ自身に絶望を覚えた。馬鹿が――明石焼きはその名の通り、明石の名物だろう。明石といえばどこだ? 神戸の向こう側だろう! 馬鹿野郎! おれは内心で自分自身を嘲った。罵った。怒りがおさまらなかったので、風俗を利用して頭を冷やすことにした。人妻デリヘル求人募集をやたらと前面に打ち出している人妻デリヘル店から極上の人妻を呼び寄せて、抱いた。スッキリして、頭がクリアになった。

Search
Archives